PRINTBRAIN

オリジナルTシャツプリント

メニュー

せっかくのオリジナルTシャツ、長持ちさせるには?

578 views
せっかくのオリジナルTシャツ、長持ちさせるには?

オリジナルTシャツ完成したあかつきにはさぞかし嬉しいことと思います。
しかし、せっかくのTシャツが洗って生地が伸びてしまったり、プリントがボロボロになってしまったらものすごい悲しいですよね。
意外と知らないオリジナルTシャツのお手入れの仕方、確認してみましょうか。

長持ちする洗濯のポイント

Tシャツについているタグの洗濯表示を確認
まずは内側に縫い付けてある洗濯表示を見て、

  • ・水の温度
  • ・そもそも洗濯機が使えるのか
  • ・クリーニングの方法
  • ・漂白の仕方

などを確認しましょう。

ちなみに、漂白剤の使用がOKの表示があってもプリント加工がしてあるオリジナルTシャツには漂白剤の使用は避けた方が良いです。プリントがはがれてしまうかもしれませんよ!

手洗いの方が洗濯機より良い

洗濯表示で洗濯機使用が可能、とあっても、オリジナルTシャツは手洗いをした方が生地やプリントが長持ちします。加工部分や生地に対する負荷が断然低いですからね。
手洗いをする場合も、ぬるま湯でやさしく押し洗いをするといいと思います。

決して生地同士、プリント部分同士をこすりあわせて洗うのはやめてくださいね!

洗剤はオシャレ着洗い用のものを使うとより安心です〜。
いろんな種類の洗剤が販売されています。
お好みの匂いのものを探すのも楽しみの一つですよね!
おっと…主婦目線になってしまいました。
水を切る時もそのまま直接手で絞ると生地やプリントが傷むので、バスタオルなどにはさんで水気を切るといいと思います。

洗濯機使用の時は裏返してネットに入れる

さすがにTシャツで手洗い、となるとちょっと面倒ですよね笑

そんなときは洗濯ネットをつかって洗濯機で洗ってみましょう。
ネットに入れる時は裏返しにするといいですよ~。
ネットに入れることで襟もとや袖口が伸びたり、他の物と絡まったりするのを防げますから、ダメージを防げます。また裏返すことでプリント面に直接負荷がかかりませんから、色あせや剥がれを防ぐことにもなります。

初めて洗う時に洗濯機を使用する場合、色の濃いものと一緒に洗うと色移りすることもあるので注意が必要です。

乾燥機の使用はNG

洗った後に乾燥機の使用は絶対にダメです!プリントが劣化し、生地が傷みます。

私が担当させていただく案件でトラブルになる原因の一つに「洗ってすぐ乾燥機で乾かしたらプリントがはがれた」というものがあります。濡れた生地を完全に乾くまで乾燥機に入れておくわけですから、その熱による負荷は想像がつくことと思います。

夏は乾きも早いですし、外に干すことで生乾きの匂いも防げますよね!あれは雑菌が繁殖して匂いが出て…、いやまた話がズレるのでやめておきましょう笑

洗ったらすぐに陰干し

ただし、洗ったらすぐに乾かすのがベストです。洗濯機の中で長時間放置するのは厳禁です!プリントのインクが水分含んではがれやすくなります。場合によってはプリント部分同士がくっついてしまうこともありますよ!

干す時は風通しの良い日陰に干しましょう。この季節は日差しも強いですし、直射日光はプリント部分がひび割れたり、色あせの原因になります。しっかりとシワをのばしてから干すのもポイントの一つです。

ハンガーを使って干す時は、首の方からハンガーを通すのは絶対ダメです!
必ず裾側からハンガーを通します。
「首がすぐ伸びた!このTシャツは不良品だ!」
というお叱りをいただくことも多々あるのですが、よくよくお話をきくと、ハンガーを首のところから無理やりねじ込んで干している方がかなりいらっしゃいます。濡れた状態で伸ばしてしまうと元に戻りにくいんです。大事なTシャツですから干す時も一手間かけていただくのがいいんですよ。

ハンガーを使わず、胴体部分で半分に折ってかけるのも良い手ですね。干す時にせんたくばさみを使うと跡が残りますので、気になる方はやめたほうがいいかもです笑

Tシャツのサイズと形・大きさの合うハンガーを使えば、かなり長い間型崩れを防ぐことができると思います。

プリント方法によって洗濯方法を変える?

オリジナルTシャツのプリント方法によっては、洗濯でプリントが剥げやすくなる場合もあるので注意しなくてはいけません。

インクジェットプリントの場合は普通のプリントTシャツと同じように洗濯機で洗っても大丈夫です。初回の洗濯でわずかにプリント部分の吹きつけられたインクが落ちますが、全体的にはほとんど影響はありません。白い物と一緒に洗うのは避けた方が無難でしょう。

昇華転写プリントの場合も色落ちには強いので特に洗濯には問題ありません。

シルクスクリーンプリント、カッティングシートの圧着プリント、カラー生地へのインクジェットプリント、フルカラー転写プリントの場合はプリントのインクや転写シートが生地の上に乗っている状態です(染み込んでいるわけではありません)。洗濯中に他の物と絡まって引っ張られたり、脱水の際にひねられたりするとプリント面がひび割れたり、剥がれたりしてしまいます。

やはり洗濯機を使う時は裏返してからネットに入れて洗いましょう。干す時も、やさしくほぐすようにシワをのばして下さい。強くはたくと、プリントのひび割れの原因にもなりますので要注意!

ブルゾンなどに使用する油性インクのシルクスクリーンプリント、カッティングプリント、フルカラー転写プリントなどの場合はドライクリーニングはできませんので注意しましょう。基本的にはどのプリント方法でも洗濯機の使用は可能で、すぐにプリントが剥がれたりすることはありませんが、手洗いをした方がプリントが長持ちするでしょう。

洗濯に強い!プリントブレイン一押しのオリジナルTシャツ用ボディはこちら!

参考にしてくださいね!


岐阜でTシャツプリント、オリジナルTシャツをつくるなら
プリントブレイン
Tシャツ作成のご相談、無料見積もりはお気軽にどうぞ!

https://printbrain.jp
info@printbrain.jp
岐阜県各務原市那加琴が丘町3-92
058-322-5199

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
X